ホーム>セラピス スタッフブログ>アロマセラピー>五感で感じる、無農薬で育った薔薇の香り。
アロマセラピー

五感で感じる、無農薬で育った薔薇の香り。


2017916205512.jpg
 

大阪で行われた、ニールズヤードパートナーシップWSに参加してきました。ワークショップでは、アロマセラピーに関連する生きた情報を学ぶ事ができます。今回は京都で農薬を使わずに薔薇を栽培されている「おくだばらえん」の奥田容彦(おくだ やすひこ)さんの講義とあって数か月前からこの日を楽しみにしていました!奥田さんはアメリカで薔薇の栽培技術を学ばれ農薬の怖さを身を持って知り、帰国後、無農薬の薔薇作りを始められたそうです。

 

教室に入ると、ふわっと甘く爽やかな薔薇の香りに包まれ、うっとりしてしまいました。

 

 

201791795445.jpg

奥田さんが持ってきてくださった色とりどりの薔薇です。窓から見えるネオ・ルネッサンス様式の中之島中央公会堂と調和してまるで絵画のようでした(友人のいしはらさんが撮影)。

 

 

2017916205650.jpg

すっかり香りで魅了されていたところ、講義は奥田さんの手作りバラジャムをいただくという試食から始まり、教室中のテンションが上がりました。笑。甘酸っぱくて優雅なローズ独特の香りが口の中に広がり、なんとも美味しいです!

 

 

2017916221240.jpg
 

「薔薇」は古代から人々に愛され、改良なども行われて、今や品種は数万種類。分類が難しそうですが、20年の歳月をかけて薔薇の香りを化学分析したところ、7つのグループに分けられました。

 

1.DAMASK CLASSIC(ダマスク・クラシックの香り:古典的な薔薇が持つ甘く奥深い香り)

2.DAMASK  MODEAN(ダマスク・モダンの香り:ダマスク・クラシックより華やかなで洗練された香り)

3.TEA(ティーの香り:ソフトで上品な紅茶の香り)

4.FRUITY(フルーティーな香り:新鮮な桃の果実の香りを彷彿させる香り)

5.BLUE(ブルーの香り:青薔薇に特徴的な甘く華やかな香り)

6.MYRRH(ミルラの香り:アニス(ウイキョウ)に似た甘い香り)

7.SPICY(スパイシーな香り:クローブ(丁子)に似た暖かいスパイスの香り)

 

上記の1~6までの薔薇の香りを嗅がせていただいたのですが、それぞれの特徴が良く出ていました。

 

 

農薬を使わず自然に育った植物の香りがもたらす私たちへの恵みを強く感じた1日でした。花姿も魅力的な薔薇は香りを嗅ぐだけで女性ホルモンがアップし多幸感に包まれるのですが、今回の講座では沢山の薔薇の香りを嗅がせてもらい、生の花びらやジャムまでいただいたので身体の中から女性らしさが湧き出てきたように思います。笑。
 


2017916205744.jpg
友人の笑顔もこんなにキラキラ輝いて♪♪♪


 



質問コーナーでは自宅のモッコウバラの剪定と誘引の方法も教えていただいたので、来年の春には綺麗に咲かせてみたいと思います。

 

講師の奥田さん、ありがとうございました。

 

 

 

 

#ニールズヤードレメディーズPSWS #大阪 #無農薬 #薔薇 #香り #奥田容彦 #沢山の多幸感 #tferapis_kizawa

 

 

 

2017.9.15     kizawa

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.therapis.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/290