ホーム>セラピス スタッフブログ>1DAYレッスン>10/6 第10回 1DAYアロマレッスンを開催しました!
1DAYレッスン

10/6 第10回 1DAYアロマレッスンを開催しました!

2017.10.6(金)

 

THERAPIS 1DAYアロマレッスン

第10回 はじめてのアロマ エッセンシャルオイル(精油)を知る

『唇にやさしい植物油と精油で作る、蜜蠟(ミツロウ)リップクリーム』

 

を開催しました。

 

 

 

 

2017929162254.jpgのサムネイル画像

 


 

デリケートな唇に、天然100%のリップクリーム


皮膚と粘膜の中間にあたる唇は、皮脂腺がなくとてもデリケート。外気の乾燥や体内の水分不足の影響を受けやすく、荒れやすい場所です。今回はスキンケア効果の高いエッセンシャルオイルと植物油を使用してリップクリームを作りました。

 

 

 

主な特徴は5つ。

 

①使う度に、心地良い香りを楽しめる。
②使う度に、リフレッシュ&リラックスができる。
③デリケートな唇にやさしい。
④保湿力が高い。
⑤良質なリップクリームは何度も塗りなおさなくても、しっかり保湿できるようになる。

 

 

精油を選ぶ

 

ブレンドする香りはあらかじめ用意したスキンケア効果の高い20種類以上の精油の中から、一つ一つの香りを嗅いで、ピンときた精油を選んでいただきました。好きな香りは日によっても変わります。自分に必要な香りは、嗅覚の持つ本能の力で敏感に的確に選ぶ事ができるのです。

 


選んでいただいた精油は「ローズオットー」と「パチュリ」。ローズオットーはローズを水蒸気蒸留法で抽出した精油で、繊細な柔らかい薔薇の香りがします。幸せな気持ちになり女性らしさを高めます。パチュリは墨汁のような香りとよく表現されますが、グラウンディングする力を持つ土っぽく麝香のような官能的な香りです。深いリラックスをもたらしローズと同じく女性らしさを高める働きがあります。

 


 

優しい香りのリップクリームが出来ました。

 

蜜蠟(ミツロウ)とホホバオイルを湯煎にかけ、精油をまぜ、スティックタイプのリップケースに流し、常温で冷やし固めます。蜜蠟は温めると蜂蜜のような甘い香りが漂います。精油と蜜蠟をブレンドする事によって香りがどう変化するかも楽しみな瞬間です。

 

リップクリームの表面を丸くするか平にするかはお好みなのですが、とても綺麗な丸い形に作っていただきました。

 

2017107225653.jpg


2017107225726.jpg


2017107225751.jpg





今回ご参加いただいたRさんは、ご自宅でもマルセイユ石鹸を作られていたり、すでにアロマセラピーを毎日の生活に取り入れられています。保湿力抜群の手作り石鹸でお手入れされているお肌はつやつやでとても綺麗でした。ご参加いただき、ありがとうございました!

 

 

次回の1DAYアロマレッスンも生活に役立つ講座をお届けしたいと思います♪♪♪

 

 

 

ここ大阪は、先週から急に寒くなり始め、リップクリームが活躍する季節になりました。朝夕は特に気温も低くなっています。皆様、どうぞ体調を崩されませんようお身体ご自愛ください。

 

 

 

 



2017.10.8  kizawa

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.therapis.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/300