ホーム>フェイス>顔の角質ケアで生まれ変わった肌へ

顔の角質ケアで生まれ変わった肌へ

年齢だから仕方ない、と諦めなくても大丈夫です!

気になる毛穴ケアとリフトアップを同時にかなえる爽快トリートメント☆

なんだか顔がパッとしない、お化粧ノリが悪い。
大人になってからニキビ跡がなくならない。
いつの頃からか薄い色のリップが似合わなくなった…。

年齢だから仕方ない、と諦めなくても大丈夫です!
血行不良、という事もありますが
角質ケアがその悩みを解決できそうです。

角質とは?

そもそも角質とはなんでしょうか?あってはいけないものなのでしょうか?
皮膚は表皮と真皮、皮下組織の3つで構成されています。角質は、表皮の一番上の層にある皮膚が角化したものです。皮膚は角化といって硬く変化していく特徴を持っており、表皮の基底層で生まれた細胞は通常28日間で角化するといわれています。角化した細胞は核のない死んだ細胞で、最後には垢となってはがれ落ちていくのですが、このサイクルを「ターンオーバー(皮膚の新陳代謝)」といいます。

健康な皮膚
健康な皮膚

肌のバリア機能

では、死んだ細胞は不要なのかというと、実は大変大きな役割を担っています。
皮膚は、私たちの身体で外界と接触している部分となりますが、お風呂に入っても身体が水ぶくれになったり、
洗剤をさわってもしみ込んでいかないのは肌にバリア機能があるからです。
バリア機能はこの死んだ角質が担っています。角質層は約30%の水分(保湿成分)が含まれていて、その水分(保湿成分)は角質が自ら作り出しています。その保湿成分は主にセラミドと呼ばれるものですが、角質の細胞同士をくっつけて肌の水分が蒸発するのを防いだり、異物が体内に入ってくるのを防ぎます。

乾燥肌、敏感肌、ゴワゴワ肌

上記のバリア機能を担っているセラミドですが、このセラミドの量が低下している状態が乾燥肌で、乾燥肌によってバリア機能が低下している状態が敏感肌です。
健康な肌のターンオーバーは通常28日間ですが、加齢やトラブルなどによりそのサイクルが乱れると、いつまでも古くなった角質がはがれ落ちず、肌表面がゴワゴワとしてきます。「化粧水が入っていかない」という状態で、素晴らしい美容成分をつけても浸透していきません。ゴワゴワしているので、ファンデーションのノリも悪く、厚化粧に見えます。肌色もくすむので、薄い色のリップがぼやけたり、濃い色の口紅がくどくなったり感じます。

ターンオーバーが乱れた皮膚
ターンオーバーが乱れた皮膚

取り去って育む、エクスフォリエイション(角質ケア)

エステで行うエクスフォリエイションとは、死んだ細胞(角質)を顔から除去することです。
セラピスでは、天然の乳酸由来の化粧品を使用して、やさしく落としていきます。
洗顔ではとりきれない古い角質や汚れもきれいになって、次に使用する美容成分の浸透が良くなります。
また、エクスフォリエイションは、古い角質を除去するだけでなく、繊維芽細胞を刺激しコラーゲンの産生を促します。結果、ターンオーバーを正常な状態に近づけ、ツルツル、イキイキ、しっとりした肌を作ります。
30代後半からの美容は、エクスフォリエイション(角質ケア)なくして美肌なし、と言っても過言ではありません。

敏感肌、乾燥肌の人の角質ケアはどうするの?

バリア機能が弱っている肌にはエクスフォリエイションは刺激となります。
レチノールやビタミンC誘導体で真皮のコラーゲンを増やすと同時にセラミドを補って、
角質層を正常な状態にし、バリア機能を取り戻すのが先決です。
マッサージで血行促進して栄養をとどけ、保湿をしっかりすることが大切です。

日常のお手入れは?

古い角質には、酵素の入っている洗顔料を週に1~2回使用するのがおすすめです。
そのあとは、たっぷり保湿してください。シートマスクやローションパックを利用すると手軽です。
毎日のお手入れの積み重ねで、年齢を重ねてもワントーンアップした明るいお肌になります。

おすすめのメニュー

おすすめのスキンケア

  • セラピス アロマティクム
    イノセント スキン ジェントルクレンジング
  • セラピス アロマティクム
    イノセント スキン ローション
  • セラピス アロマティクム エッセンス ローション