ホーム>フェイス>シワをケアして-10歳肌へ

シワをケアして-10歳肌へ

たるみには、マッサージとお肌にハリを与える化粧品が有効です

シワの種類と原因

アーティチョーク たるみには、マッサージとお肌にハリを与える化粧品が有効です

シワには4種類のシワがあります。

  1. ちりめんジワ
  2. 表情ジワ
  3. 真皮のシワ
  4. たるみジワ
  1. は目じりなどに出来る細かいシワです。乾燥が原因でおこるため、保湿ケアで回復します。
  2. は、顔の表情に合わせて出来るシワで、表情を戻せばなくなるのですが歳を重ねるにしたがってくっきりとした真皮のシワになっていきます。額にできるシワなどになります。
  3. は紫外線や加齢によるコラーゲンの破壊によって、真皮の弾力が失われ溝ができたところがシワになっていくものです。紫外線はコラーゲンを破壊する酵素に作用するため、コラーゲンを減少させてしまうのです。今、注目を浴びているアーチチョーク葉エキスは、この働きを抑制すると言われています。
  4. のたるみジワは、法令線などです。法令線は一気に老けた印象を与えてしまうので、ケアをして防ぎましょう。また、たるみ毛穴同士がくっついてシワになっていくものもあります。

対策は?

エステによる目の下のシワのケア
施術前
施術前
5回施術後
5回施術後

どのシワに対しても有効な方法は、紫外線を防いで保湿をたっぷりと行いお肌にハリを与えるという事です。
また、2の表情ジワのように、真皮にトラブルがなくてもできるように、シワは皮膚がひっぱられたり折りたたまれたりを繰り返しているうちに定着してしまう ものです。なので、摩擦を防ぐ事も大切です。クレンジングやマッサージクリームは適切な量を使って、肌をこすらないように気をつけてください。

目がかゆいといってゴシゴシこする方をよく見かけますが、目元の皮膚はとても薄いので簡単にシワを作ってしまいます。かゆい原因としては乾燥も考えられるので、たっぷりと保湿することをこころがけてください。
そして、コラーゲンの産生を促すビタミンC誘導体やレチノールで、失った弾力を取り戻しましょう。エクスフォリエイション(角質ケア)も効果的です。夏の暑い時期はケアを怠りがちですが、紫外線が強いうえ、汗で肌も痛むのできちんとケアをしないと、秋冬にどんとツケがまわってきます。1年を通して、適切なケアをしてください。そして、たるみには、マッサージとお肌にハリを与える化粧品が有効です。
アロマでは、お肌にハリを与える精油としてフランキンセンスが知られています。ローズやパチュリとブレンドしてもお肌を元気にします。

まとめ

  • 紫外線対策
  • 保湿ケア
  • こすらない
  • コラーゲンの産生を促すケア
  • エクスフォリエイション
  • マッサージ

上記のほか、身体の内側からのケアも大切です。
睡眠、食事、運動、たっぷりとした水分補給などを心がけてください。

おすすめのメニュー

おすすめのスキンケア

  • セラピス アロマティクム イノセント スキンローション
  • セラピス アロマティクム エッセンスローション 
  • セラピス アロマティクム
    ディープリラクシング マッサージクリーム
  • セラピス アロマティクム モイストクリーム