ホーム>フット>ウオノメ・タコを無くして快適な歩行へ

ウオノメ・タコを無くして快適な歩行へ

ウオノメ・タコを無くして快適な歩行へ。正しいケアをして、1日も早く快適な歩行を

歩くと痛いウオノメやタコで何年もお悩みの方がいらっしゃいます。
正しいケアをして、1日も早く快適な歩行を楽しんでいただきたいものです。

  • そもそもウオノメとタコの違いとはなんでしょうか?
  • ウオノメやタコはどうしてできるのでしょうか?

ウオノメとタコの違いと原因

タコもウオノメも、歩行の時に足裏があたる部分や足の変形によって圧迫がかかる部分の皮膚(足裏の角質)がその負荷から守ろうとして硬く角質を作ってできたものです。主に合わない靴や歩き方が原因となります。タコが面で圧迫するのに対し、ウオノメは点で圧迫した刺激に対して形成されます。タコに対してウオノメは円錐状に深く形成されており、強い痛みを伴います。

  • タコ(施術前)
    タコ(施術前)
     
  • ウオノメ(施術前)
    ウオノメ(施術前)
     
  • イボ(施術前)
    イボ
タコ(施術後)
タコ(施術後)

タコもウオノメも、歩行の時に足裏があたる部分や足の変形によって圧迫がかかる部分の皮膚(足裏の角質)がその負荷から守ろうとして硬く角質を作ってできたものです。主に合わない靴や歩き方が原因となります。
タコが面で圧迫するのに対し、ウオノメは点で圧迫した刺激に対して形成されます。タコに対してウオノメは円錐状に深く形成されており、強い痛みを伴います。

ウオノメとタコを出来ないようにするには?

まずは大きな原因となるものをなくし

  • 足に合った靴
  • 正しい歩き方

に気をつける事が大切です。

また、この2つ以外にも

  • 外出から帰ったら足を洗う
  • 保湿ケア
  • 冷やさない
  • セルフマッサージ
  • 足ジャンケンなどの運動
  • 定期的なお手入れ

などが大切です。

詳しくは『足美人になるための7つの習慣』としてまとめていますのでこちらをご覧くださいませ。

出来てしまったウオノメとタコはなくなる?

一度出来てしまったウオノメとタコが自然になくなるという事はほとんどありません。THERAPISではドイツ式のフットケアマシーンを使用して、痛みなく角質を取り除いていきます。また、その後にできにくくするケアの方法もお伝えいたします。かなり大きくて深いウオノメは繰り返しケアに通っていただく事で浅くなっていきます。
見た目にはウオノメが残っている状態でも、痛みはどんどん軽くなっていきます。ウオノメやタコは皮膚に機械的刺激が加わる事で激しく角質の増殖を繰り返し押し上げられた古い角質がはがれることなく、全体重をかけて皮膚の中に押し込まれる事で形成されます。
例えれば、痛みが激しい時は10人乗りのエレベーターに60人押し込まれているようなものです。
ぎゅうぎゅう詰めで、とても苦しいですよね。ケアをしていくうちに、60人が40人になり、30人、20人、と徐々に少なくなっていき10人になるともう、苦しくありません。その後も保湿ケアや定期的なお手入れを続けていただきますと7人、6人というように、余裕が生まれてきます。角質が潤って、ふわふわになってきた状態と言えます。

ウオノメと良く似ていて見分けがつきにくいのがイボです

イボ(施術前)
イボ

イボはウィルスによって出来るもので、当店では施術できません。皮膚科での受診が必要となります。イボかウオノメかよく分からない場合は、まず皮膚科で受診される事をおすすめいたします。

『フットケア(いろいろな症例)』のページも
ご参考になさってください。
 

おすすめのメニュー

おすすめのスキンケア